今回はHP 2000-2d06TU エントリーモデル D9H52PA-AAAAです。

HP 2000-2d06TU エントリーモデル D9H52PA-AAAAブラックリコリス
販売元:HP
発売日:2013-07-04









(1)スペック
1、ディスプレイサイズ
15.6インチ

2、ディスプレイ解像度
1366×768(HD アスペクト比16:9)

3、CPU
Intel Celeron系のIntel Celeron B830(1.80GHz)です。
2コア2スレッドでクロック数は1.80GHzです。

4、GPU
CPUに統合されるIntel HD Graphicsです。

5、チップセット
Intel HM70 Express

6、RAM容量
4GB
(4GB×1、PC3-12800 DDR3 SDRAM 最大8GBまで)
RAMスロット2(204ピン SO-DIMM 空き1スロット)

7、HDD容量
500GB
5400rpmSATA

8、光学ドライブ
DVD スーパーマルチドライブを搭載します。
 
9、ディスプレイ出力
VGA出力端子とHDMI出力端子を装備します。

10、LAN規格
100Mbit Ethernet

11、無線LAN規格
802.11b/g/n
オンオフボタン付き

12、Bluetooth規格
Bluetooth4.0

13、Webカメラ解像度
92万画素

14、USBポート数
2.0規格が3ポート

15、メディアカードリーダー
SDメモリーカードSDHCメモリーカードSDXCメモリカード
対応1スロット

16、キーボード
90キー JIS標準準拠・OADG準拠配列(10キーなし)
キーピッチ19.0mm×19.0mm
キーストローク1.5mm

17、カラー
ブラック(ブラックリコリス)

18、本体寸法
幅     37.6cm
奥行き 24.7cm
高さ   3.05cm~3.75cm

19、重量
2.4kg

20、OS
Windows 8 64bit

21、Office
なし

22、バッテリーの駆動時間
5時間30分(JEITA測定法 Ver.1.0)
(メーカー公表値のため実際の使用条件などで異なります)


(2)特徴
今回はHPのスタンダードノートです。
(HP 2000シリーズ)

2013年7月発売モデルです:2013年夏モデルです。
店頭販売:カタログモデル

今回も若干時間が経過していますが紹介していないモデルを書きます。
(HPのスペック表は見やすくて内容も豊富ですがモデルに辿りづらくなったでしょうか)

HPが新たにエントリークラスとして投入したニューシリーズで
14.0インチモデルにはHP 1000シリーズをラインアップし15.6インチモデルにはHP 2000シリーズがラインアップされます。
(HP 1000シリーズは直販モデルとなりますが将来店頭販売:カタログモデルでのラインアップはあるのでしょうか)

15.6インチクラスの従来のエントリーモデルとしてHP Pavilion g6シリーズがラインアップされていましたが2013年6月にHP Pavilion 15-e001TU スタンダードモデル D9H45PA-AAAAがラインアップされ後継モデルと思われますが今回は更に下のクラスとして加わったのでしょうか。

7月4日から順次発売され2013年夏モデルとしては3モデルラインアップされCPUがCeleronになる下位モデルとCPUがCleronでOfficeが付属するモデルにOfficeが付属しませんがCPUがCore i5になる上位モデルになります。

HP 2000-2d06TU エントリーモデル D9H52PA-AAAAは下位モデルでCPUはCeleronでOfficeは付属していません。

Celeron自体もIntel Celeron B830と2013年モデルでまだ見かけますが新しくはないです。
(HP 2000シリーズの秋冬モデルではCeleron 1000Mが搭載されますが後日書きます)

CPUがCeleronで性能は高くないですが入門機としてバランスは良いのでしょうか。
(Webの閲覧などが中心でしょうか)

直接の後継モデルではありませんが自分の感覚としてHP Pavilion g6シリーズに近く感じますが2013年1月発売モデルHP Pavilion g6-2301TU C9M20PA-AAAAとの違いを書き出してみます。

1)CPUはCeleronになり性能は大幅に下がります。

2)RAM容量が4GBにダウンします。

3)HDD容量が500GBに下がります。

4)Bluetoothが搭載されています。

5)USBの総ポート数は同じですが2.0規格のみになります・

6)カードリーダーの対応するメディアカードが減っています。

7)キーボードでキーピッチは広がりましたが10キーは搭載されずキーストロークが浅くなります。

8)本体寸法がわずかに違います。

9)互換Officeは付属していません。

10)バッテリーの駆動時間が若干短いです。

11)カラーネームが異なり今のところカラーバリエーションは用意されていません。

HP Pavilion 15シリーズ同様でシリーズ名が同じならマイナーチェンジ(モデルの追加など)でもありえそうな違いですがキーボードに10キーが搭載されないことは大きなポイントでしょうか。

ノー トパソコンではキーボードのスペースに限りがあるので数字の入力をする際に10キーがあることがメリットと感じるかキーの大きさ(または隣のキーとの間 隔)など打ちやすい方をメリットと感じるかなど個人の方の好みもあると思われますし15.6インチクラスで据え置き機的に使用している場合は別途キーボー ドを利用するなどもありえるのでしょうか。

またALTEC LANSINGブランドのスピーカーを搭載している点はエントリークラスのノートパソコンとしては高音質となるのでしょうか。

従来のg6シリーズのエントリーモデルではAMDプラットフォームが採用される事例があったと思われますがIntelのCeleron搭載で性能は高くないですが価格は抑えられているのでしょうか。

性能がより高いモデルが欲しい方はCore i5搭載モデルがラインアップされています。
(次回書きます)


(3)価格などの情報を確認できます。
Amazonで価格などを確認する。
HP 2000-2d06TU エントリーモデル D9H52PA-AAAA

Officeが付属するモデルが確認できなかったのでとりあえず型番を載せておきます。
Office Personal 2013になります。
HP 2000-2d14TU オフィスモデル E3A95PA-AAAA

HPの直販サイトのHP Directplusでは直販モデルやカスタマイズモデルもラインアップされています。
HP Directplusの最新モデルはこちらも参考にしてください。
オンラインストア「ノートページ」にリンクします


(4)HP 2000-2d06TU エントリーモデル D9H52PA-AAAA以外でこのブログで扱っているノートパソコンを検索できます。
1、メーカーごとで検索する。
ノートパソコン メーカーのまとめ

2、カテゴリごとで検索する。
ノートパソコン カテゴリごとのまとめ

3、スペックなどを入力して検索する。
カスタム検索の説明

4、トップページに戻る。
他のスペック関連のブログのリンクなどもあります。
ノートパソコンのスペックと特徴


ご覧いただきありがとうございます。

ノートパソコンは各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択・購入する際の参考にしていただけると幸いです。