今回はASUS TransBook Trio TX201LA TX201LA-TRIOです。

ASUS TransBook Trio TX201LA TX201LA-TRIOダークシルバー
発売元:ASUS
発売日:2013-11-02









(1)スペック
1、ディスプレイサイズ
11.6インチ
静電容量式10点マルチタッチ対応タッチパネル
IPS液晶
LEDバックライト

2、ディスプレイ解像度
1920×1080(フルHD アスペクト比16:9)

3、CPU
・PCステーション部
第4世代Core i7のIntel Core i7 4500U (1.80 GHz)です。
2コア4スレッドでクロック数1.80GHz、ターボブーストで
最大3.00GHzまでクロック数が上がります。
・タブレット部
Intel Atom Z2560(1.60GHz)です。
2コア4スレッドでクロック数は1.60GHzです。

4、GPU
・PCステーション部
CPUに統合されるIntel HD Graphics 4400です。
・タブレット部
Power VR SGX544 MP2

5、RAM容量
・PCステーション部
4GB
(オンボード、DDR3L-1600 PC3L-12800)
・タブレット部
2GB
(オンボード、LPDDR2-1066)

6、ストレージ容量
・PCステーション部
HDD:500GB
・タブレット部
フラッシュメモリ:32GB
(eMMC 増設はできません)

7、光学ドライブ
搭載していません。

8、ディスプレイ出力
・PCステーション部
Mini DisplayPortを1ポート
microHDMI出力端子を1ポート搭載します。
・タブレット部
搭載していません。

9、LAN規格
・PCステーション部
搭載していません。
・タブレット部
搭載していません。

10、無線LAN規格
・PCステーション部
802.11a/b/g/n/ac
・タブレット部
802.11a/b/g/n

11、Bluetooth規格
・PCステーション部
Bluetooth4.0
・タブレット部
Bluetooth4.0

12、USBポート数
・PCステーション部
2.0規格が2ポート
3.0規格が4ポート
・タブレット部
2.0規格が1ポート

13、カードリーダー
・PCステーション部
搭載していません。
・タブレット部
microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード
対応1スロット

14、Webカメラ解像度
タブレット部のみ
フロント:92万画素
アウト:500万画素
(ノートパソコンスタイル時はフロントのWebカメラを使用可能です)

15、センサー類
タブレット部のみ
電子コンパス
加速度センサ
ジャイロスコープ

16、サウンド
・PCステーション部:ステレオフルレンジスピーカー搭載
・タブレット部:ステレオフルレンジスピーカー搭載
それぞれにデジタルマイクも搭載されています。

17、カラー
シルバー(ダークシルバー)

18、本体寸法(スタンド含む)
・PCステーション部
幅     30.492cm
奥行き  19.378cm
高さ    1.34cm
・タブレット部
幅     30.492cm
奥行き  19.378cm
高さ    0.97cm
・PCステーション部+タブレット部
幅     30.492cm
奥行き  19.378cm
高さ    2.36cm

19、重量(スタンド含む)
・PCステーション部
1.0kg
・タブレット部
0.7kg
・PCステーション部+タブレット部
1.7kg

20、OS
・PCステーション部
Windows 8 64bit
・タブレット部
Android 4.2.2

21、Office
搭載していません。

22、キーボード
87キー 日本語キーボード

23、タッチパッド
マルチタッチ対応

24、バッテリーの駆動時間
・PCステーション部:約5.6時間
PCステーションの駆動時間のみJEITA測定法 Ver.1.0によります。

・タブレット部:約5.0時間
・PCステーション部+タブレット部
約13.0時間(Android利用時)

25、付属品
PCステーション用ACアダプター
USB ACアダプターセット
(USBチャージャー、microUSBケーブル含む)
専用ケース
製品保証書


(2)特徴
今回はASUSのモバイルノート、タブレットPC、デスクトップパソコン(Windows、Android)です。
(ASUS TransBook Trio TXシリーズ)

2013年11月発売モデル:2013年秋冬モデルです。

ASUS TransBook Trio TXシリーズは今回新たに加わったシリーズで見た目は今までASUSでライアンアップのあったタブレットPCにドッキングキーボードが付属しノートパソコ ンとしても利用できるモデルと思われますが最大の特徴はタブレットとドッキングキーボード部(PCステーション部)どちらにもCPUを搭載し更にOSとし てAndroidとWindowsを搭載している点です。

ぱっと見はディスプレイサイズが異なりますがASUS TransBook TX300CA TX300CA-C4021HSシリーズなどと同じかなと思いますがコンセプト的にはデスクトップパソコンになりますがASUS TransAiO P1801 P1801-B061Kに近いのでしょうか。

またタブレット単体で見るとASUS MeMO Pad FHD10 ME302-BL16が近いでしょうか。

先 ほどASUS Transbookシリーズに近い印象と書きましたがPCステーション部にHDDやインターフェースを搭載するのみでなくノートパソコン向けの第4世代 Core i7を搭載しPCステーション部単体でもディスプレイやテレビなどに接続してデスクトップパソコンとしても利用可能なところもユニークな点です。(タブ レット以外にもPCステーションにもバッテリーを搭載しています)

タブレット単体ではAndroidタブレットでの利用になりますがPCステーションと接続してノートパソコンスタイルでの利用時にはAndroid 4.2.2とWindows 8を切り替え可能でボタンでの操作で可能としています。

3つのスタイルで利用できますがそれぞれを簡単にまとめると
1)ノートパソコンスタイル
タブレットPCとPCステーションを接続時にWindows 8とAndroid 4.2.2をワンボタンで切り替えて楽しめます。
注:外部ディスプレイとの接続はWindowsのみ利用できます。

2)タブレットスタイル
タブレット単体でAndroid 4.2.2を利用して楽しめます。

3)デスクトップPCスタイル
PCステー^ション部単体でディスプレイやテレビなどに接続してWindows 8を楽しめます。

各メーカーで様々なスタイルのモデルやコンセプトが発表されたりもしていますが実際に発売されるモデルを見るとASUSがより先進的でしょうか。

Androidタブレットとノートパソコンをそれぞれそろえるより一貫性はありますが価格帯は上がってしまう場面もありえそうです。

ただユニークなモデルとしてはなかなか他メーカーでは発売されないモデルとも思います。

オールインワンタイプのデスクトップパソコンのASUS TransAiOシリーズとは使用する場面の違いや性能差や価格差を含めて検討して下さい。

11.6 インチのノートパソコンとして若干重量(1.7kg)が重いと思われますが屋外の持ち運びも可能で屋内での使用のみならデスクトップパソコン向けのCPU とノートパソコン向けの外部GPUを搭載するASUS TransAiOシリーズの方が性能が高くなります。(タブレット側のCPUの違いやインターフェースなどの違いもありますが)


(3)価格などの情報を確認できます。
Amazonで価格などを確認する。
ASUS TransBook Trio TX201LA TX201LA-TRIO

ASUSの直販サイトのASUSショップでもカタログモデルがラインアップされています。
最新モデルはこちらも参考にしてください。
ASUS公式オンラインショップ

動画を見つけたので載せておきます。
(外観の確認などに)
※音声が再生されるのでボリュームに気をつけて下さい。


(4)ASUS TransBook Trio TX201LA TX201LA-TRIO以外でこのブログで扱っているノートパソコンを検索できます。
1、メーカーごとで検索する。
ノートパソコン メーカーのまとめ

2、カテゴリごとで検索する。
ノートパソコン カテゴリごとのまとめ

3、スペックなどを入力して検索する。
カスタム検索の説明

4、トップページに戻る。
他のスペック関連のブログのリンクなどもあります。
ノートパソコンのスペックと特徴


ご覧いただきありがとうございます。

ノートパソコンは各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択・購入する際の参考にしていただけると幸いです。