今回はNEC LaVie S LS700/NSW PC-LS700NSWです。

NEC LaVie S LS700/NSW PC-LS700NSWエクストラホワイト
発売元:NEC
発売日:2013-010-24









(1)スペック
1、ディスプレイサイズ
15.6インチ

2、ディスプレイ解像度
1366×768(HD アスペクト比16:9)

3、CPU
第4世代Core i7系の
Intel Core i7 4702MQ(2.20GHz)です。
4コア8スレッドでクロック数2.20GHz、ターボブーストで
最大3.20GHzまでクロック数が上がります。

4、GPU
CPUに統合されるIntel HD Graphics 4600です。

5、チップセット
Intel HM87 Express

6、RAM容量
8GB
(8GB×1、PC3L-12800 DDR3LSDRAM
デュアルチャネル対応可能 最大16GBまで)
RAMスロット2(SO-DIMMスロット 空き1スロット)

7、HDD容量
1TB
SATA5400rpm

8、光学ドライブ
ブルーレイディスクドライブを搭載します。
DVD スーパーマルチドライブ機能・BDXL対応)

9、ディスプレイ出力
HDMI出力端子を装備します。

10、LAN規格
Gigabit Ethernet

11、無線LAN規格
802.11a/b/g/n
Wi-Fi Direct準拠

12、Bluetooth規格
Bluetooth4.0です。

13、Webカメラ解像度
92万画素

14、USBポート数
3.0規格が4ポート
(左側面の1ポートはパワーオフUSB充電機能付きです)

15、メモリーカードスロット
SDメモリーカードSDHCメモリーカードSDXCメモリカード
対応1スロットです。

16、カラー
ホワイト(エクストラホワイト)

17、本体寸法
幅     37.9cm
奥行き 25.8cm
高さ    2.75cm

18、重量
2.5kg

19、OS
Windows 8.1 64bit

20、Office
Office Home and Business 2013

21、付属品
横チルト機能付きワイヤレスレーザーマウス

22、入力装置
キーボード
キーピッチ19mm、キーストローク2.3mm
JIS標準配列(106キー、10キー付き)

タッチパッド 
手書き入力、マルチタッチ、ジェスチャーコントロール付き

23、バッテリーの駆動時間
4.8時間(JEITA測定法 Ver.1.0)
(メーカー公表値のため実際の使用条件などで異なります)


(2)特徴
今回はNECのスタンダードノートです。
(NEC LaVie S LSシリーズ)

2013年10月発売:2013年秋冬モデルです。
店頭販売:カタログモデル

NEC LaVie S LSシリーズは15.6インチでCPUのバリエーションが豊富な売れ筋のシリーズで高さを抑えたスリムモデルやタッチパネル搭載モデルが用意され季節モデ ルごと3~5モデル(テレビ機能搭載モデル含む)程度ラインアップされていて今年に入ってからはちょっと抑え気味の3モデルづつのラインアップでした。

今回は4モデルのラインアップで最上位モデルには私の記憶では上位シリーズでの採用はあったと思うCore i7搭載モデルがラインアップされています。(Core i5止まりだったと記憶しています)

モデルバリエーションとしてCPUにCeleron、Core i3、Core i5(タッチパネル搭載)、Core i7搭載モデルとバリエーションも豊富です。

今回のNEC LaVie S LS700/NSW PC-LS700NSWはCPUがCore i7になり上位シリーズに近い性能になるのでしょうか。

CPU的に下位となるCore i5搭載モデルNEC LaVie S LS550/NSW PC-LS550NSWがNEC LaVie S LSシリーズではタッチパネルを唯一搭載するモデルとなりますが価格帯では今回のモデルに近づいているのでしょうか。

なおCPUは第4世代Core i7となり超低電力版のCore i7とCore i5との性能差以上に大きな差がある通常電圧版同士の差となり4コア8スレッドで性能差が大きいです。

また第4世代Core i系となり内蔵されるGPUは第3世代より性能が上がるのは共通です。

Core i5搭載モデルがタッチパネル搭載ということもありタッチパネル非搭載では下位に来るCore i3搭載モデルNEC LaVie S LS350/NSW PC-LS350NSWとの主な違いを書き出してみます。

1)CPUがCore i7になり大幅に性能がアップしています。

2)RAM容量が倍の8GBになります。

3)HDD容量が1TBにアップしています。
750GB⇒1TB

4)バッテリーの駆動時間が少し短くなります。

CPUがCore i7で4コア8スレッドになりターボブーストに対応するなど段違いの性能差になりRAM容量のアップやHDD容量もアップするなどスペックも高くなりますが価格帯も上がります。

性能にこだわらなければCore i3搭載モデルのバランスが一番と思いますが一番の売れ筋はCeleron搭載モデルNEC LaVie S LS150/NSW PC-LS150NSWになるのでしょうか。(Celeronだとちょっと重いと思うこともあるかもしれませんが)

タッチパネルがどうしても必要な方はCore i5搭載モデルとなると思いますし性能がアップするごとに価格帯も上がっていきますのでそれぞれ予算に応じてスペックの差と価格差を含めて検討して下さい。


(3)価格などの情報を確認できます。
Amazonで価格などを確認する。
NEC LaVie S LS700/NSW PC-LS700NSW

カラーバリエーションのリンクと写真も載せておきます。
1、スターリーブラック
NEC LaVie S LS700/NSB PC-LS700NSB
NEC LaVie S LS700/NSB PC-LS700NSB










2、ルミナスレッド
NEC LaVie S LS700/NSR PC-LS700NSR
NEC LaVie S LS700/NSR PC-LS700NSR











NECの直販サイトのNECダイレクトではカスタマイズモデルなどもラインアップされています。
(型番がカタログモデルと若干異なりLaVie G タイプ~になります)
NECダイレクトの最新モデルはこちらを参考にしてください。
LaVieシリーズ


(4)NEC LaVie S LS700/NSW PC-LS700NSW以外でこのブログで扱っているノートパソコンを検索できます。
1、メーカーごとで検索する。
ノートパソコン メーカーのまとめ

2、カテゴリごとで検索する。
ノートパソコン カテゴリごとのまとめ

3、スペックなどを入力して検索する。
カスタム検索の説明

4、トップページに戻る。
他のスペック関連のブログのリンクなどもあります。
ノートパソコンのスペックと特徴


ご覧いただきありがとうございます。

ノートパソコンは各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択・購入する際の参考にしていただけると幸いです。