ブログネタ
「梅雨らしさ」感じさせる写真を見せてください に参加中!
今回はTOSHIBA dynabook T553 T553/T3JW PT553T3JBMWです。

TOSHIBA dynabook T553 T553/T3JW PT553T3JBMWリュクスホワイト
発売元:TOSHIBA
発売日:2013-06-14









(1)スペック
1、ディスプレイサイズ
15.6インチ

2、ディスプレイ解像度
1366×768(HD アスペクト比16:9)

3、CPU
Intel Celeron系のIntel Celeron 847(1.10GHz)です。
2コア2スレッドでクロック数は1.10GHzです。

4、GPU
CPUに統合されるIntel HD Graphicsを搭載します。

5、チップセット
Intel HM70 Express

6、RAM容量
4GB
(4GB×1、PC3-10600 DDR3-1333
デュアルチャネル対応可能 最大8GBまで)
RAMスロット2(SO-DIMM 空き1スロット)

7、HDD容量
750GB
(SATA5400rpm)

8、光学ドライブ
ブルーレイディスクドライブを搭載します。
DVD スーパーマルチドライブ機能、BDXL対応)

9、ディスプレイ出力
VGA出力端子とHDMI出力端子を装備します。

10、LAN規格
100Mbit Ethernet

11、無線LAN規格
802.11a/b/g/n

12、Bluetooth規格
Bluetooth4.0

13、Webカメラ解像度
90万画素

14、USBポート数
2.0規格が1ポート
(左側面)
3.0規格が2ポート
(右側面)

15、ブリッジメディアスロット(カードリーダー)
SDメモリーカードSDHCメモリーカードSDXCメモリカード
マルチメディア・カード対応1スロット

16、入力装置
キーボード 106キー(JIS配列準拠、10キー付き)
キーピッチ:19mm、キーストローク1.5mm
抗菌対応

タッチパッド ジェスチャーコントロール付き

マウス Bluetooth接続タイプのワイヤレス光学マウス付属

17、テレビチューナー
ワイヤレスTVチューナーが付属しています。
地上・BS・110度CS対応デジタルチューナーが一つ
インターネット接続・ルータ(WPA2-PSK〈AES〉)が必要で
専用ソフト「ワイヤレス TV Center」をWindowsストアより
ダウンロードして、インストールする必要があります。
また録画には市販のUSB接続型外付けHDD
(USB2.0/3.0対応、2TB以下)が必要となります。

18、カラー
ホワイト(リュクスホワイト)

19、本体寸法
幅     37.75cm
奥行き 24.4cm
高さ 最薄部2.42cm~最厚部2.45cm

20、重量
2.3kg

21、OS
Windows 8 64bit

22、Office
Office Home and Business 2013

23、バッテリーの駆動時間
4.0時間(JEITA測定法 Ver.1.0)
(メーカー公表値のため実際の使用条件などで異なります)

24、特記事項
ONKYO製のステレオスピーカーを採用しています。


(2)特徴
今回はTOSHIBAのスタンダードノートです。
(TOSHIBA dynabook Tシリーズ)

2013年6月発売モデル:2013年夏モデルです。
カタログ:店頭販売モデル

TOSHIBA dynabook Tシリーズは今回ボディの変更をともなうモデルチェンジがありました。

TOSHIBA dynabook T553は2モデルバリエーションです。

TOSHIBA dynabook T553 T553/37JはT553の2013年夏モデル2モデル中の1モデルです。
(ワイヤレステレビユニットの有無とカラーバリエーションが異なるモデルが用意されています)

今回のモデルはワイヤレステレビユニットが付属するモデルバリエーションですが付属しないモデルTOSHIBA dynabook T553 T553/37JW PT55337JBMWと若干スペックの違いがあるので書き出してみます。

1、無線LANの対応する規格が増えています。

2、ワイヤレスTVユニットが付属しています。

3、カラーバリエーションが4色から2色に減ります。

ワイヤレスTVユニット付属が最大のポイントで安定して映像を受信するために無線LANの対応規格が変更されたのでしょうか。

ワイヤレス化のメリットはテレビチューナーを本体に搭載していなくても視聴可能でアンテナ線をPC本体に接続することなく屋内のある程度の距離なら視聴可能なところです。

録画に関してはPC本体のストレージでなく別売りのHDDを購入する必要がありますがその方が安定して録画でき録画中にPCを持ち運んでも大丈夫です。

専用ソフトをダウンロード・インストールが必要だったりと若干の手間はあり無線LAN環境で影響のある部分もありそうですが通信環境に合わせて3つのモードから選択可能です。

また長時間録画にも対応しています。

さらに有線LAN環境の場合アンテナ線接続環境と有線LAN接続環境が近ければワイヤレスTVユニットをアクセスポイントとして利用可能です。

ワイヤレスTVチューナーのスペックも記述しておきます。
1)TVチューナー
地上/BS/110度CSデジタルチューナー
2)CATVパススルー対応
全帯域(VHF/MID/SHB/UHF)
3)データ放送・双方向サービス
対応していません。
4)字幕放送
対応しています。
5)EPG
対応(iEPG/テレビ王国)
6)アンテナ部
同軸 75Ω(地上/BS/110度CS兼用)
BS/110度CSアンテナ電源には対応していません。
7)無線LAN規格
802.11a/b/g/n準拠
8)外形寸法
幅3.8cm、奥行き15.0cm、高さ17.0cm
9)重量
約0.345kg
10)電源
DC19V
11)録画番組の容量の目安
1時間当たりの容量
高画質:約3.6GB
標準画質:約2.6GB
低画質:1.7GB

アプリケーションを用意すれば汎用性も高そうです。

ノートパソコンのスペック自体は低電圧版のCeleronで高くはありませんがブルーレイディスクドライブ搭載などのスペックは他メーカーだと下位モデルには搭載されにくいのでその点は優位性のあるポイントでしょうか。

テレビユニット付属のため価格差があるので付属しないモデルとはカラーバリエーションの差と価格差を見ながら選択してください。

カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色になります。


(3)価格などの情報を確認できます。
Amazonで価格などを確認する。
TOSHIBA dynabook T553 T553/T3JW PT553T3JBMW

カラーバリエーションのリンクと写真も載せておきます。
プレシャスブラック(Amazonへのリンクです)
TOSHIBA dynabook T553 T553/T3JB PT553T3JBMB
TOSHIBA dynabook T553 T553/T3JB PT553T3JBMB











TOSHIBAの直販サイトのTOSHIBAダイレクトでは直販モデルのWebオリジナルモデルがラインアップされカタログモデルに無い大画面モデルなどもラインアップされています。
TOSHIBAダイレクトの最新モデルはこちらを参考にしてください。
東芝ノートPCは価格、用途に応じて様々なモデルをご提供!


(4)TOSHIBA dynabook T553 T553/T3JW PT553T3JBMW以外でこのブログで扱っているノートパソコンを検索できます。
1、メーカーごとで検索する。
ノートパソコン メーカーのまとめ

2、カテゴリごとで検索する。
ノートパソコン カテゴリごとのまとめ

3、スペックなどを入力して検索する。
カスタム検索の説明

4、トップページに戻る。
他のスペック関連のブログのリンクなどもあります。
ノートパソコンのスペックと特徴


ご覧いただきありがとうございます。

ノートパソコンは各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択・購入する際の参考にしていただけると幸いです。