今回はApple MacBook Pro 15.4 Retinaディスプレイモデル ME665J/Aです。

Apple MacBook Pro 15.4 Retinaディスプレイモデル ME665J/A発売元:Apple
発売日:2013-02-13










(1)スペック
1、ディスプレイサイズ
15.4インチ

2、ディスプレイ解像度
2880×1800(QWXGA+ アスペクト比16:10)

3、CPU
Intel Core i7(2.70-3.70GHz)
4コア8スレッドでクロック数2.70GHzです。ターボブーストで
最大3.70GHzまでクロック数が上がります。
第3世代Core i7のIntel Core i7 3820QM (2.60GHz)
でしょうか。

4、GPU
CPUに統合されるIntel HD Graphics 4000と
外部GPUにNVIDIA GeForce GT 650Mを搭載します。

5、RAM容量
16GB
(1600MHz DDR3L-SDRAM オンボードメモリ)

6、SSD容量
512GB

7、光学ドライブ
搭載していません。

8、ディスプレイ出力
HDMI出力ポートとThunderboltポートを搭載しています。
ThunderboltポートはMini DisplayPortと互換性があり
標準対応しています。
オプションでMini DisplayPortからの変換アダプタとして
DVI、VGA、Dual-Link DVIがそれぞれ用意されています。

9、LAN規格
搭載していません。
Thunderboltポートを2ポート装備し
Apple Thunderbolt - ギガビット Ethernetアダプタが発売されています。

10、無線LAN規格
802.11a/b/g/n

11、Bluetooth規格
Bluetooth4.0

12、Webカメラ
720p FaceTime HDカメラ

13、USBポート数
3.0規格が2ポート

14、Firewire(IEEE 1394)端子
搭載していません。
Apple Thunderbolt - FireWireアダプタが発売されています。

15、カードリーダー
SDメモリーカードスロットを1つ装備します。
SDXCメモリカード対応)

16、本体寸法
幅     35.89cm
奥行き 24.71cm
高さ     1.8cm

17、重量
2.02kg

18、OS
Mac OS X Mountain Lion

19、バッテリーの駆動時間
ワイヤレス環境で最大7.0時間
(メーカー公表値のため実際の使用条件などで異なります)


(2)特徴
今回はAppleのマルチメディアノートです。
(Apple MacBook Proシリーズ)

2013年3月発売モデル:2013年春モデルです。

Apple MacBook Pro 15.4 Retinaディスプレイモデル2013年春モデルの2モデル中の上位モデルです。

Apple MacBook Proシリーズに2012年6月から新たに加わった超高解像度のディスプレイを搭載するモデルになります。

2012年6月発売モデルでの2モデル同士のスペック差より今回2013年モデルでのスペック差の方が大きくなります。

2012年6月発売モデルApple MacBook Pro 15.4 Retinaディスプレイモデル MC976J/Aからの主な違いを書き出してみます。

1)CPUはCore i7系ですがクロック数が上がっています。

2)RAM容量が16GBにアップしています。

CPUのスペックアップやRAM容量のアップはマイナーチェンジ時に多いですがもともとSSD採用などもあり快適だったのがさらに快適になるでしょうか。

ミドルクラスの外部GPUを搭載しゲームなども設定を落とすとプレイできるものも多そうです。

Appleの15.4インチの最上位モデルのため価格帯も上がります。


(3)価格などの情報を確認できます。


(4)Apple MacBook Pro 15.4 Retinaディスプレイモデル ME665J/A以外でこのブログで扱っているノートパソコンを検索できます。
1、メーカーごとで検索する。
ノートパソコン メーカーのまとめ

2、カテゴリごとで検索する。
ノートパソコン カテゴリごとのまとめ

3、スペックなどを入力して検索する。
カスタム検索の説明

4、トップページに戻る。
他のスペック関連のブログのリンクなどもあります。
ノートパソコンのスペックと特徴


ご覧いただきありがとうございます。

ノートパソコンは各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択・購入する際の参考にしていただけると幸いです。