今回はACER Aspire E1 E1-571-H54Dです。

ACER Aspire E1 E1-571-H54Dブラック
発売元:ACER
発売日:2013-02-15









(1)スペック
1、ディスプレイサイズ
15.6インチ

2、ディスプレイ解像度
1366×768(HD アスペクト比16:9)

3、CPU
第3世代Core i5のIntel Core i5 3230M (2.60GHz)です。
2コア4スレッドでクロック数2.60GHzです。ターボブーストで
最大3.20GHzまでクロック数が上がります。

4、GPU
CPUに統合されるIntel HD Graphics 4000です。

5、チップセット
Intel HM77 Express

6、RAM容量
4GB
DDR3-1600/PC3-12800 最大8GBまで)
RAMスロット2(空きスロット1)

7、HDD容量
500GB
SATA5400rpm

8、光学ドライブ
DVD スーパーマルチドライブを搭載しています。

9、ディスプレイ出力
VGA出力端子とHDMI出力端子を装備します。

10、LAN規格
Gigabit Ethernet

11、無線LAN規格
802.11b/g/n

12、Webカメラ
Acer Crystal Eye HD Webカメラ

13、USBポート数
2.0規格が3ポート

14、カードリーダー
SDメモリーカード
メモリースティックメモリースティックPro
xDメモリーカードマルチメディア・カード
対応1スロットです。

15、カラー
ブラック

16、本体寸法
幅     38.16cm
奥行き 25.3cm
高さ    2.54~3.32cm

17、重量
2.5kg

18、OS
Windows 8 64bit

19、Office
KINGSOFT Office 2012 Standard
シリアル番号附属
(ダウンロード、インストール、シリアル番号設定が必要です)

20、バッテリーの駆動時間
4.5時間
(メーカー公表値のため実際の使用条件などで異なります)


(2)特徴
今回はACERのスタンダードノートです。   
(ACER Aspire E1シリーズ)

2013年2月発売モデル:2013年春モデルです。

ACER Aspire E1シリーズ2013年春モデル2モデル中の上位モデルです。

15.6インチのスタンダードクラスに位置しますがCPUはCore i5で性能もまずまずでコストパフォーマンスが高いと思います。

同時発表の下位モデルはCPUがCeleronになるので性能差は大きいです。

一つ前のモデル2012年10月発売モデル:2012年秋冬モデルACER Aspire E1 E1-571-F54Fからの主な変更点を書き出してみます。

1)CPUは同じCore i5系ですがクロック数が上がったものが搭載されています。

2)RAM容量は同じですが規格がアップしています。

3)HDD容量は500GBに減りました。

4)重量は若干増えました。

5)互換Officeでインストール作業など必要ですが付属しました。

CPUのクロックアップはマイナーチェンジ時によくあることですがクロック数のアップはわずかなので性能差が大きいことなないと思います。

Office関連で2013年春モデルでの話題の一つにマイクロソフトのOfficeが最新の2013年版になることがありますがACER Aspire E1 E1-571-H54DにはKINGSOFTの互換Officeが付属しています。

互換Officeのため完全に一緒ではありませんが価格のアップは抑えられています。
(ちなみに2012年秋冬モデルの下位モデルにはマイクロソフトのOffice搭載モデルが用意されていました)

スペックの差と価格差などを含めて検討してください。


(3)価格などの情報を確認できます。
Amazonで価格などを確認する。
ACER Aspire E1 E1-571-H54D


(4)ACER Aspire E1 E1-571-H54D以外でこのブログで扱っているノートパソコンを検索できます。
1、メーカーごとで検索する。
ノートパソコン メーカーのまとめ

2、カテゴリごとで検索する。
ノートパソコン カテゴリごとのまとめ

3、スペックなどを入力して検索する。
カスタム検索の説明

4、トップページに戻る。
他のスペック関連のブログのリンクなどもあります。
ノートパソコンのスペックと特徴


ご覧いただきありがとうございます。

ノートパソコンは各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択・購入する際の参考にしていただけると幸いです。