今回はASUS X75VD X75VD-TY096Vです。

ASUS X75VD X75VD-TY096Vブラック
発売元:ASUS
発売日:2012-08-23









(1)スペック
1、ディスプレイサイズ
17.3インチ

2、ディスプレイ解像度
1600×900(WXGA++ アスペクト比16:9)

3、CPU
第3世代Core i5のIntel Core i5 3210M (2.50GHz)です。
2コア4スレッドでクロック数2.50GHzです。ターボブーストで
最大3.10GHzまでクロック数が上がります。

4、GPU
CPUに統合されるIntel HD Graphics 4000と
外部GPUにNVIDIA GeForce 610Mを搭載します。

5、RAM容量
8GB
(4GB:オンボード+4GB、 DDR3-1600・PC3-12800
最大8GBまで)
RAMスロット1(SO-DIMMスロット×1)(空きスロットなし)

6、HDD容量
1TB

7、光学ドライブ
Blu-ray Disc ドライブを搭載します。
(Blu-ray読み込み書き込み・2層ディスク対応)

8、ディスプレイ出力
VGA出力端子とHDMI出力端子を装備します。

9、LAN規格
Gigabit Ethernet

10、無線LAN規格
802.11b/g/n

11、Bluetooth規格
Bluetooth4.0

12、Webカメラ解像度
30万画素

13、USBポート数
2.0規格が2ポート
3.0規格が1ポート

14、カードリーダー
SDメモリーカードSDHCメモリーカードSDXCメモリカード
マルチメディア・カード対応1スロットです。

15、カラー
ブラック

16、本体寸法
幅     42.0cm
奥行き 28.2cm
高さ    3.46~3.86cm

17、重量
3.1kg

18、OS
Windows 7 Home premium 64bit
 (Service Pack 1 適用済み)

19、バッテリーの駆動時間
5.4時間(JEITA測定法 Ver.1.0)
(メーカー公表値のため実際の使用条件などで異なります)


(2)特徴
今回はASUSの大画面ノートパソコンです。
(ASUS Xシリーズ)

2012年8月発売モデル:2012年夏モデルです。

同時発表された2モデルのうちの1モデルです。

シリーズ名は違いますがK73シリーズと本体寸法などが同一です。
ASUS K73SD K73SD-TY2670

Xシリーズがエントリーモデルの位置づけですが筐体の素材に違いはあるのでしょうか。

CPUの世代が違いますが搭載される外部GPUは同一で、チップセットの違いなどはあると思いますが、インターフェースなどのスペックは近いです。(USBポートが4ポートから3ポートに減りますが、USB3.0が1ポート搭載されています)

解像度はHD+(1600×900)ですが17.3インチの大画面でCPUは第三世代Core i5、ローエンドですが外部GPUを搭載しRAM8GB、HDD1TBにブルーレイディスクドライブを搭載し価格は抑えられていています。

屋内での使用が前提で大画面ノートを探している方に、コストパフォーマンス高いモデルとしていかがでしょう。
(デスクトップパソコンのオールインワンなどと競合するのでしょうか)

カラーバリエーションはブラック1色のみですが、Office搭載モデルがモデルバリエーションとしてラインアップされています。


(3)価格などの情報を確認できます。
Amazonで価格などを確認する。
ASUS X75VD X75VD-TY096V

Officeを搭載するモデルバリエーションのリンクも載せておきます。
Office Home and Business搭載(Amazonへのリンクです)
ASUS X75VD X75VD-TY096VS

ASUSの直販サイトのASUSショップでもカタログモデルがラインアップされています。
最新モデルはこちらも参考にしてください。
ASUS公式オンラインショップ


(4)ASUS X75VD X75VD-TY096V以外でこのブログで扱っているノートパソコンを検索できます。
1、メーカーごとで検索する。
ノートパソコン メーカーのまとめ

2、カテゴリごとで検索する。
ノートパソコン カテゴリごとのまとめ

3、スペックなどを入力して検索する。
カスタム検索の説明

4、トップページに戻る。
他のスペック関連のブログのリンクなどもあります。
ノートパソコンのスペックと特徴


ご覧いただきありがとうございます。

ノートパソコンは各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択・購入する際の参考にしていただけると幸いです。