今回はASUS N53TK N53TK-SX0A8です。

ASUS N53TK N53TK-SX0A8シルバーブラック
発売元:ASUS
発売日:2012-04-28









(1)スペック
1、ディスプレイサイズ
15.6インチ

2、ディスプレイ解像度
1366×768(HD アスペクト比16:9)

3、CPU
AMD A8-3520M(1.60 -2.50GHz)です。
4コア4スレッドでクロック数は1.60GHz、ターボコアにより
最大2.50GHzまでクロック数が上がります。

4、GPU
APUに統合されるAMD Radeon HD 6620Gと
外部GPUとしてAMD Radeon HD 7670Mを搭載します。

5、RAM容量
8GB
(4GB×2、 DDR3 1333(PC3-10600)
最大8GBまで)
RAMスロット2(SO-DIMMスロット×2)(空きスロットなし)

6、HDD容量
750GB
(SATA5400rpm)

7、光学ドライブ
DVD スーパーマルチドライブを搭載します。

8、ディスプレイ出力
VGA出力端子とHDMI出力端子を装備します。

9、LAN規格
Gigabit Ethernet

10、無線LAN規格
802.11b/g/n

11、Bluetooth規格
Bluetooth3.0+HS

12、Webカメラ解像度
200万画素

13、USBポート数
2.0規格が2ポート
3.0規格が2ポート

14、カードリーダー
SDメモリーカードSDHCメモリーカードSDXCメモリカード
メモリースティックメモリースティックPro
マルチメディア・カード対応1スロットです。

15、カラー
ブラック(シルバーブラック)

16、本体寸法
幅     39.1cm
奥行き 26.6cm
高さ 最薄部3.05cm~最厚部4.05cm

17、重量
2.7kg

18、OS
Windows 7 Home premium 64bit
SP1適用済み)

19、バッテリーの駆動時間
4.0時間(JEITA測定法 Ver.1.0)
(メーカー公表値のため実際の使用条件などで異なります)


(2)特徴
今回はASUSのマルチメディアノートです。
(ASUS N53シリーズ)

2012年4月発売モデル:2012年春モデルです。

昨年発売のN53シリーズはIntelプラットフォーム採用でしたが今回はAMDプラットフォームです。

2011年モデルは解像度がフルHDとHDの2種類が用意されフルHDのモデルには光学ドライブにブルーレイドライブが採用されていました。またCPUがCore i5で外部GPUを搭載し性能はそれなりでした。

ASUS N53TK N53TK-SX0A8はクアッドコアのCPUでAMD Radeon HD 6620G +AMD Radeon HD 7670Mのデュアル・グラフィックスにより価格帯の割りに性能(特にグラフィック性能)が高いと思います。

また先に発売されたASUSの15.6インチノートパソコンのK53TKよりCPUの性能や質感がアップしています。
ASUS K53TK K53TK-SX0A6

更にBang & Olufsen ICEPower社と共同開発されたサウンドシステム、Sonic Masterやチャンバーのサイズが40ccと大きめのサイズを採用することでノートパソコンとしては音質が良いです。

価格帯はAMDプラットフォーム採用で抑えられていて、このクラスではコストパフォーマンス高いと思います。
K53TKとスペック差や価格差の比較検討もしてください。(音質や品質感にこだわりが無ければ)

モデルバリエーションやカラーバリエーションは今回の発表ではありませんでした。


(3)価格などの情報を確認できます。
Amazonで価格などを確認する。
ASUS N53TK N53TK-SX0A8

ASUSの直販サイトのASUSショップでもカタログモデルがラインアップされています。
最新モデルはこちらも参考にしてください。
ASUS公式オンラインショップ


(4)ASUS N53TK N53TK-SX0A8以外でこのブログで扱っているノートパソコンを検索できます。
1、メーカーごとで検索する。
ノートパソコン メーカーのまとめ

2、カテゴリごとで検索する。
ノートパソコン カテゴリごとのまとめ

3、スペックなどを入力して検索する。
カスタム検索の説明

4、トップページに戻る。
他のスペック関連のブログのリンクなどもあります。
ノートパソコンのスペックと特徴


ご覧いただきありがとうございます。

ノートパソコンは各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択・購入する際の参考にしていただけると幸いです。