今回は試験的にAmazon.comで売られているモデルをやります。

ASUS Eee Pad Transformer TF101-A1です。

(こつこつ更新してきたら日本のAmazonに紹介できるモデルが少なくなったため)
日本で発売されているモデルと微妙に違っていたり、また発売されていないモデルもあると思います。
(今後日本で発売された時の参考に)


ASUS Eee Pad Transformer TF101-A1ブラウン
発売元:ASUS
発売日:2011-06-25









(1)スペック
1、ディスプレイサイズ
10.1インチ
IPS液晶TFTカラータッチスクリーン
(LEDバックライト)

2、ディスプレイ解像度
1280×800(WXGA アスペクト比16:10)

3、CPU
モバイル向けCPUのNVIDIA Tegra2(1.00GHz)です。
2コアです。

4、GPU
ULP GeForce
ULP:ウルトラローパワー=超省電力

5、RAM容量
1GB
(LPDDR2-600 メモリの増設はできません)

6、ストレージ容量
eMMC16GB
フラッシュメモリ

7、光学ドライブ
光学ドライブを搭載していません。

8、ディスプレイ出力
HDMI出力ミニ端子を装備します。

9、LAN規格
LAN端子は装備されていません。

10、無線LAN規格
802.11b/g/n

11、Bluetooth規格
Bluetooth2.1+EDR

12、Webカメラ解像度
フロント:120万画素
バック:500万画素

13、USBポート数
装備されません。

14、カードリーダー
Micro SDカードリーダー(Micro SD、Micro SDHC対応)
はタブレット側に装備されます。

15、カラー
ブラウン

16、本体寸法
幅     10.67インチ
奥行き  6.97インチ
高さ    0.51インチ

17、重量
1.5ポンド

18、OS
Android 3.0

19、バッテリーの駆動時間
9.5時間
(メーカー公表値のため実際の使用条件などで異なります)

20、センサー類
GPS
電子コンパス
光センサ
加速度センサ
ジャイロスコープ


(2)特徴
今回はASUSのタブレットPC(Android)です。
(ASUS Eee Pad Transformerシリーズ)

日本ではモバイルキーボードドックとのセットのみですが、ASUS Eee Pad Transformer TF101-A1はキーボードドックが別売りになっています。(その分価格が抑えられています)

そして、SSD容量が16GBとなっています。
(上位モデルは32GB)

IPS液晶を採用し高視野角(178°)です。

オプションでモバイルキーボードドックが用意されるのがポイントでしょうか。


(3)価格などの情報を確認できます。
Amazon.com(米国)で確認する。
ASUS Eee Pad Transformer TF101-A1

1、ストレージ容量32GBモデルはこちら⇒ASUS Eee Pad Transformer TF101-B1
(Amazon.com(米国)へのリンクです)

2、オプションのドッキングステーションはこちら
Asus Keyboard/Docking Station for Eee Pad Transformer
(Amazon.com(米国)へのリンクです)

書いている途中で日本でも16GBのものは単体発売決定したようです。
価格が気になりますね。
ASUS Eee Pad Transformer TF 101-1B240A
(Amazonへのリンクです)
オプションでモバイルキーボードドックは用意されるのでしょうか。
追記⇒9月中旬発売予定の情報が・・・。ただしちょっと高いようです。


(4)ASUS Eee Pad Transformer TF101-A1以外でこのブログで扱っているノートパソコンを検索できます。
1、メーカーごとで検索する。
ノートパソコン メーカーのまとめ

2、カテゴリごとで検索する。
ノートパソコン カテゴリごとのまとめ

3、スペックなどを入力して検索する。
カスタム検索の説明

4、トップページに戻る。
他のスペック関連のブログのリンクなどもあります。
ノートパソコンのスペックと特徴


ご覧いただきありがとうございます。

ノートパソコンは各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択・購入する際の参考にしていただけると幸いです。